開発者の想い

3世代が安心して使えるこれからのお風呂の形ドア付浴槽「SWAN」誕生!

高齢社会の到来に伴い、医療・福祉分野では、刻々とその形態や制度が変化しております。

特に、平成12年4月に導入された『公的介護保険制度』により、介護は社会で支えるものとして 位置付けられ、在宅介護の充実が注目されるようになりました。

このような時代背景の中、医療法人慶明会、 社会福祉法人慶明会を中心とする ケイメイグループの一員として、 医療・福祉分野における各調査研究を行なって参りました。

中でも、当法人の土屋利紀会長の発案による『ドア付浴槽』は、 入浴介助の負担軽減を当初目的として、グループ内の老人福祉保健事業で 培ったノウハウを活かし、独自に研究開発を重ね、製品化した商品です。

意匠登録証
こだわり点

今後は、浴室を「単に身体を清潔にする場所」ではなく、「入浴を楽しみながら 心身ともにリラックスする空間」としてとらえ、新しい入浴スタイルを提案する 『夢のお風呂』づくりをモットーに努力を続けて参りますので、 皆様のさらなるご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。